洋封筒 横書きの宛名の書き方

封筒の文字は、手紙の第一印象に当たります。綺麗な宛名書は、送り先へ好印象を与えます。文字や余白のバランスを見ながら、楷書で丁寧に書くことを心かげましょう。 誤字に気をつけて、会社名や部署名も省略せずに書くことが大切です。

ここでは、洋封筒の宛名の書き方についてご紹介します。

和封筒の宛名の書き方はこちら»

洋封筒 横書き(郵便番号枠なし)の宛名書き

表面

洋封筒(郵便番号枠なし)の宛名書き 表面

  1. 切手は右上に貼るようにします。
  2. 左端から2文字ぐらい空けて、郵便番号から住所を書き始めます。番地などの数字は、算用数字で書くようにしましょう。 建物名や階数も省略せずに書きます。
  3. 部署名は、会社名の後に1文字空けて書くか行を変えて書くようにしましょう。
  4. 役職名は、4文字までは名前の前に書きます。5文字以上のときには、名前の上に小さめの文字で書くようにしましょう。
裏面

洋封筒(郵便番号枠なし)の宛名書き 裏面

  1. 裏書きは、封じ口の下に、中央または右寄りに書くようにしましょう。郵便番号の左端に揃えて書くと綺麗です。住所の下に会社名⇒部署名⇒名前の順に書きます。
  2. 洋封筒には封締めは必要ありませんが、書いても問題ありません。
  3. 封かん日は左側に書くようにしましょう。

洋封筒 横書き(郵便番号枠あり)の宛名書き

表面

洋封筒(郵便番号枠あり)の宛名書き 表面

  1. 切手は右上に貼るようにします。
  2. 左端から2文字ぐらい空けて、住所を書き始めます。番地などの数字は、算用数字で書くようにしましょう。 建物名や階数も省略せずに書きます。
  3. 部署名は、会社名の後に1文字空けて書くか行を変えて書くようにしましょう。
  4. 役職名は、4文字までは名前の前に書きます。5文字以上のときには、名前の上に小さめの文字で書くようにしましょう。
裏面

洋封筒(郵便番号枠あり)の宛名書き 裏面

  1. 裏書きは、封じ口の下に、郵便番号の左端に揃えて書くようにしましょう。住所の下に会社名⇒部署名⇒名前の順に書きます。
  2. 洋封筒には封締めは必要ありませんが、書いても問題ありません。
  3. 封かん日は左側に書くようにしましょう。

この記事の筆者

株式会社心力舎『レターパック高額買取や』運営担当

レターパック高額買取やでは、せっかく購入したのに使わずにいたり、売却を検討しているお客様のレターパックライト、レターパックプラスの他、普通84円切手、切手シートの高価買取に関するご相談を承っております。
クレジットカードで購入したレターパック、普通84円切手を高い換算率で現金化したい、処分したいが、せっかくだから売却して高価に買取って欲しいなどのご要望がございましたら、是非当社へご相談ください。

【古物商許可番号】
東京都公安委員会許可 第301090507550号

株式会社心力舎